「四季 ~うつりゆくものたち~」のレビューを書いていたが、予定を変える。

 昨日、1981~82年の日記をあたっていたら、「定本・日本の喜劇人」を初めて読んだときの感想がでてきた。想像していたのとまるで違う内容なので驚いた。「地獄の観光船」の次に読んだとばかり思っていたが、その前に「笑学百科」があったのか。
 まあ、大学4年になる春の、2回めの鬱に向かってだんだん症状が重くなっていくときに読んだのだからネガティブな感想は仕方ないといえば仕方ないのだが。

     ◇

1982/02/04

 昨夜のうちに「笑学百科」を読み終えた。子どもの頃から、たぶんコント55号のブームが起きた頃から“お笑い”に興味があった。
 小学2年の時、生まれて初めてコント“忍者”をやったのを思い出す。てんぷくトリオのコントをそっくりそのまま真似したんだ。
 小学生時代は、何かの会があると(クリスマス会とかさよなら会とか)コントばかりやっていた。けっこうみんなに受けたしね。
 だから漫才ブームなんかとてもおもしろかったし、落語などもずっと見ていきたい。
 そういう意味で「笑学百科」は大変ためになる本だった。
 ますます「日本の喜劇人」が読みたくなった。


1982/02/28

 「定本・日本の喜劇人」を読み終える。
 気分のせいなんだろうけど(ここんとこずーっとウツの状態です)おもしろくなかった。
 特に前半、エノケン、ロッパなどのところなど彼らの芸を知らない俺としては、ただ文章を追いかけてるという感じだった。
 クレージーキャッツあたりからだんだんこちらの興味がわいてきて、読む楽しみも増すのだが、思っていたほどの興奮は得られなかった。
 読んでいてじれったくなってしまうのだ。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「四季 ~うつりゆくものたち~」@第三回船堀映画祭
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top