忘れないうちに書いておく。北海道のJさん申し訳ない!

 26日(土)は、午後銀座へ。
 「銀座流石亭」と銘打つ「談四楼独演会」があったのだ。銀座にある蕎麦の名店で落語を楽しみ、料理と酒に舌鼓を打とうという催しである。
 まあ、落語と飲食がセットになったイベントは以前からある。この流石亭は料金が7,000円。料金だけ聞くと少々高いかもしれないが、コース料理と飲み放題のドリンクとなれば納得できるのでは?
 落語会のあと、仲間と飲みに行く、カップルあるいは夫婦で食事する、ことを考えれば逆に得かもしれない。落語会(2,000円)+パーティー(5,000円)なのである(実際の内訳がどうなっているのか、関係者ではないのでわからないけれど、あくまでも目安として)。いってみれば落語のディナーショーだ。

 以前、ポプラ寄席という名称の落語会があった。名称どおりポプラ社のホールを使った師匠の独演会。終演後にイタリアン料理の立食パーティー(懇親会)がついて5,000円だった。ホームグラウンドである北澤八幡神社の独演会が偶数月の15日開催なので、こちらは奇数月の金曜日開催。限定50名の完全予約制という落語会だった。
 1年間のネタ出しがあって、これが普段聴けない大ネタばかり、それが2席。1年目は時間の関係で行けなかった。2年目になって、毎回通おう、皆勤賞だ、なんてはりきっていたら、半年で突然終了してしまった。チラシには1年間のネタが掲載されていたのに。

 ポプラ寄席を開催していたSさんは、北澤八幡の独演会でもよくお目にかかる。打ち上げの席でお願いしたことがあった。ポプラ寄席を再開してもらえないでしょうか。別に場所はどこでもいい。独演会とパーティーがセットになっているものをぜひお願いしますよ、と。ポプラ寄席には演目に惹かれるものがあった。普段師匠が高座にかけないようなネタが並んでいたからだ。演目も考慮してください、と。

 Sさんが装いも新たに始めたのが「銀座流石亭」なのだ。
 限定30名のこれまた予約制。
 確かに店のスペースを考えれば、30名がキャパだろう。にもかかわらず、直前になって申し込みが殺到し、42名のお客様とあいなった。予定していた席だと座りきれないからとんでもない位置にも椅子が用意されていた。
 店側としても初めての落語会。いろいろと大変だったと思う。料理の腹八分目は納得するも、アルコールが終了前になくなってしまったのは残念だった。日本酒をあと2杯、いやあと一杯は飲みたかった。だって「らくだ」の後ですぞ! 


  立川寸志 「たらちね」
  立川談四楼「天狗裁き」

   〈仲入り〉

  立川談四楼「らくだ」


 「銀座流石亭」はポプラ寄席同様奇数月、土曜日に開催される。
 次回は1月。
 その前、特別企画として12月29日に「芝浜と蕎麦」の会が開催される。
 問い合わせ先は 武蔵野ロンド musashino.rondo@gmeil.com




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「紙ふうせんリサイタル2011 なつかしい未来Vol.6」 その1
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top