先週の金曜日(2日)、朝刊で内山まもるの訃報を知った。
 第二期ウルトラ(マン)シリーズをマンガで牽引した功労者である。
 第一期のころからマンガとのメディアミックスはあった。楳図かずおの「ウルトラマン」が僕が最初に目にしたマンガだろうか。出色だったのは桑田次郎(現・二郎)の「ウルトラセブン」。シャープなペンタッチにしびれたものだ。
 同じような感覚になったのが、内山まもるのウルトラマンだった。ホント、かっこよかった! 最初、TVシリーズの世界観だったのに、いつのまにか宇宙を舞台にしたウルトラ兄弟の物語になっていた。
 TVのウルトラ兄弟には嫌な思い出しかないが、内山まもるの世界なら許せるのはどうしてだろう?
 最近では映画が内山まもる史観になってきた。それならそれでいいさ。映画は観ていないのだけれど。
 一つだけ苦言。
 帰マンの特徴である、クビのところのヒレ(チャック隠し)が大きくてヨレているのはいい。でも、初代マンまでヨレることはないだろう。

 62歳。若すぎるじゃないか!


 この日の夜、石堂淑朗が亡くなったことを教えてもらった。新聞に訃報がでていたと言うが、僕は見ていなかった。ネットでも。
 本人の意向で一ヶ月伏せられていたらしい。本日ネットのニュースで知った。
 大島渚監督の一派(創造社)であるが、僕が認識したのは第二期ウルトラ(マン)シリーズである。
 「帰ってきたウルトラマン」の「許されざるいのち」は小学6年生には衝撃だった。テーマが、というより映像と音楽に。だから山際永三監督の功績なのかもしれない、かも。
 石堂淑朗が本領を発揮するのは「ウルトラマンA」だ。「怪談・牛神男」は強烈だった。土着的な物語がいい。ずいぶん経ってからの再放送でわかるのだが。そう、当時はウルトラの世界感に合わないと感じて嫌悪していたのだ。
 それから週刊文春の「天下の暴論」シリーズの執筆者。言いたいことを書いていたなあ。
 「絞首刑」では役者として活躍していた。
 それにしても、大島渚一派はなぜウルトラシリーズと相性がいいのだろうか? 仲介者は実相時監督なのか。田村孟のウルトラも観たかった、なんて。
 79歳。

 おふたりのご冥福をお祈りいたします。 




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「紙ふうせんリサイタル2011 なつかしい未来Vol.6」 その3
NEW Topics
告知ページ
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その2
「DONT LOOK BACK」
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その1
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top