「夜明けのスキャット」は大好きです。
 小学校の遠足、バスの中の余興、歌のしりとり合戦で重宝しました。

 由紀さおりが海外で大人気ということで、CDが気になっています。
 由紀さおりといえば、思い出すのが、中学時代、国語を担当したS先生。S先生の授業は、脱線していろいろな話をしてくれるのが楽しくて、面白くて。

 ある日、話してくれたのが、由紀さおりが「夜明けのスキャット」で歌番組に出演したとき、思ったと。この世にこんなきれいな女性がいるのか!
 もうひとり、「愛の奇跡」でヒデとロザンナが登場したときも、ロザンナ見て思ったと。「愛の奇跡」もいいけれど、個人的には「愛は傷つきやすく」が大好きです。

 で、「夜明けのスキャット」で思っているんですが――。
 元ネタ(?)は「サウンド・オブ・サイレンス」ですよね?




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「萩原健一映画祭」2 ~「化石の森」「雨のアムステルダム」 その2
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「倚りかからず」 ~ある日の夕景工房から
「溺れる魚」「初ものがたり」「スナーク狩り」 ~ある日の夕景工房から
「高野浩幸タイム・トラベルトーク 今、甦る少年ドラマシリーズ! ACT1 なぞの転校生」
「白夜行」「幻夜」 ~ある日の夕景工房から
5月 映画観てある記
「新幹線大爆破」 ~4月映画観てある記
4月映画観てある記
新「カメラを止めるな!」
続「カメラを止めるな!」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top