明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。
  
 30日は郷里(太田)で太田高校ラグビー部の忘年会(?)があった。2年上と1年上の先輩たちが毎年開催している行事だ。もともとは2年上の先輩たちが、高校を卒業してから、つまり大学生になってから東京でやりだしたのだとか。いつしか1年上と1年下をメンバーにしての年末イベントとなった。
 僕たちはというと、正月の2日に1年下の後輩たちと新年会をしていた。ずっと続くものと思っていたが、数年前から中断している。たぶんこのままうやむやのうちに〈ないもの〉になってしまうのだろう。幹事のY(郷里で整骨院を営む)も僕もやる気を失っているからだ。
 理由はマンネリ。

 先輩たちも同じだったらしい。なので、昨年、僕たちの年代が誘われたというわけ。Y経由でその話を聞いたとき欠席した。もちろん先輩たちとは卒業してから会ったことがないので行きたかった。しかし、31日は神戸でカウントダウンライブ。昼前に高速バスに乗るのでスケジュール的に無理だと判断したのである。
 今年は、カウントダウンライブへは新幹線で行く予定(結局中止になったのだが)があったので最初から出席するつもりでいた。

 18時30分から太田グランドホテルにて。2年上の先輩は皆昔の面影を残していた。4人しかいない1年上の先輩はかなり変貌していた!
 太田高校ラグビー部は、体育会系というイメージではなかった。もちろん、練習や試合では先輩から怒鳴られたりはする。しかしそれはあくまでもラグビーに限ったこと。それ以外のときはみな優しい。ほんと紳士だった。あれは太田高校の伝統なのか? 

 最初は瓶ビール、そのあと焼酎の水割り。そんなに飲んだつもりはなかったのだが、なんかベロンベロン状態だったらしい。
 迎えに来たY(今年は仕事で参加せず)の車に乗ってY宅に行ったことも、その間に自宅に3度も電話していたこともまったく記憶にない。
 目が覚めたらY宅の居間で「ここはどこ?」。で、そのまま吐いた。翌日はY宅の窓ガラス掃除……。
 Yの機嫌がすげぇ悪い。そりゃそうだよな。
 翌31日の夕方、帰宅。かみサンから酒を飲みすぎるとあれこれきつく言われる。Y宅での嘔吐の話なんてとてもじゃないが言えません。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「相棒 バベルの塔」
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
年末に紳士なラグビー部の忘年会、いいですね(*^.^*)
昨年中はモロモロお世話になりました。
2012年が kei さんにとって輝かしい年となりますように
本年もよろしくです★
N郎♪ さん
こちらこそ素敵なライブをありがとうございました。
本年もよろしくお願いしますね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top