2012/02/17

 「西田幹サロンコンサートver.12 meets落語」(新大久保・スペースDo)

 ゲストの立川談修さんから案内をもらった。ホストの西田幹さんはバストロンボーン奏者。西田さん率いるバンドが奏でるラテンジャスと落語のコラボとあって興味がわいた。
 コラボといっても、内容は大方想像がつく。第一部が落語、休憩後、西田さんと談修さんのトーク、その後バンドのライブ、というような。
 いやはや、最初から本当にコラボしてるんだから、驚くのなんの! 

 早めに新大久保に着いたので、近くのマクドナルドでしばしの読書。
 小雨が降る中、会場へ向かう。地図がなかったらわかりゃしない。建物は住宅街にあった。スペースDoはその地下だ。
 受付をすませて中に入ると着物姿の吉笑さんとばったり。これにはびっくりした。
「あれっ、今日は開口一番やるの?」
「いえいえ、今まで太鼓を叩いていました」
 そういえば、階段で待っているあいだずっと太鼓の音が鳴り響いていたっけ。吉笑さんの一番太鼓は1月の桐生に続いて二度目。弟弟子の笑二さんもいる。
 このコンビによる二番太鼓でライブが始まった。
 ちなみにキャパ100名の会場は開演時には満員になった。
 
 上手に高座、下手は演奏ステージという作り。バンドは、バストロンボーンのほかに、サックス、フルート、ピアノ、ベース、ドラム、コンガ、ティンバレス、ヴォーカルという豪華な編成だ。
 まず談修さんが小噺(西洋ジョーク)を披露すると、バンドがその小噺にちなんだ曲を演奏するという構成。たとえばオープニングは、ある地方の単線が走る小さな駅舎を舞台にした小噺。続く曲は「A列車で行こう」。ミルクの小噺には、フロートの女性がオカリナで「森永」のCM「ピポパポ」。小噺に笑い、バンド演奏にスウィングする。第一部の試みは大成功だったと思う。高座の目の前、最前列には小学生の女の子がいて、きわどい下ネタにはヒヤヒヤしたけれど。

 第二部は談修さんの落語。亭主の夢に嫉妬する奥さんの噺「夢の酒」。生前家元が「いつ真打になってもいい」と昇進の許可をだしていたというが、確かに堂々とした高座だった。腕あげたなあと思う。

 第三部は、談修さんと西田さんのトークで進行するライブ。本当はバンドだけの進行の予定だったのだが、急遽、談修さんもMCで絡むことになったとか。
「この第三部、本当に、私が必要ですか? もう休ませてくださいよ~」に大爆笑。
 第三部でも談修さんはキーマンだった。ボケの西田さんにツッコミの談修さんといった感じ。もう笑わせる笑わせる。
 ラテンバージョン「北の国から」はまるで違う曲だった。ラテンバージョン「美女と野獣」はオリジナルを知らないこともあって、琴線にびんびん触れた。
 バンドの中に女性がいた。ヴォーカル、フルート、ピアノの3人。ヴォーカルはそのマスクからもしかしてと思ったら、やはり外人(ブラジル)さんだった。フルートが演奏の要になる。その音色に聴きほれた。ピアノは乗ってくると、椅子から浮いた形、中腰状態で、鍵盤をたたきつけるような激しいプレイがセクシーだった。

 ラテンジャズは生で聴いてかなりくるものがあった。癖になるかも。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ウルトラスーパーエレクトリックばあちゃん逝く
NEW Topics
告知ページ
BC20世紀 賄い料理その3
「フェース/オフ」 ~ある日の夕景工房から
ある日の夕景工房から ~「メン・イン・ブラック」
TV番組の再現フィルム撮影に参加するの巻
オラ、やっちまっただ!
1分間スピーチ #17 図書館利用の勧め
無題 ~「白いカラス」
1分間スピーチ #16 サマータイム導入問題
BC20世紀 賄い料理その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top