2012/01/01

 「漢字検定のアホらしさ お言葉ですが…別巻③」(高島俊男/連合出版)

 「お言葉ですが…」別巻の最新作。このシリーズ、まだまだ続くのか。書名にもなっている文章はまったくそのとおり。


2012/01/04

 「井上ひさしの読書眼鏡」(井上ひさし/中央公論新社)


2012/01/06

 「小百合ちゃん」(中平まみ/講談社)

 往年の小百合を復活させたいと、筆者はあれこれ提案する。
 だったら、東映社長、岡田裕介が企画する映画に二度と主演しないことだ。東映との縁を切らせろ!


2012/01/10

 「マジメとフマジメの間」(岡本喜八/ちくま文庫)

 岡本喜八監督のエッセイをまとめた一冊。青春時代に死を覚悟したことが如実にわかる。


2012/01/18

 「八つ墓村」(横溝正史/角川書店)

 野村芳太郎監督版を劇場で鑑賞し、劇場公開時に一度観ただけだった市川崑監督版をDVDで鑑賞したこともあって、原作をあたってみたくなった。


2012/01/19

 「手塚治虫クロニクル1968-1989」(手塚治虫/光文社新書)

 各編の扉部分に、手塚治虫がこの作品を描いた年、年齢、その年の主な出来事、本人周辺の出来事が掲載されている。本アンソロジーの肝はこのページだろう。


2012/01/22

 「植木等ショー! クレージーTV大全」(佐藤利明 編/洋泉社)


2012/01/24

 「編集者の危機管理 名誉・プライバシー・著作権・表現」(堀田貢得・大亀哲郎/青弓社)

 
2012/01/26

 「ヒロコ ウルトラの女神誕生物語」(桜井浩子/小学館)

 女優・桜井浩子がどのように誕生したか。「ウルトラマン青春記 フジ隊員の929日」(小学館)の前日談といえようか。映画黄金時代の東宝の内側が興味深い。


2012/01/30

 「時代劇の作り方 プロデューサー能村庸一の場合」(能村庸一・春日太一/辰巳出版)

 能村庸一といえば「実録テレビ時代劇史」(東京新聞出版局)の著者というイメージが強い。この本でTV時代劇のプロデューサーであることは認識していたが、フジテレビのプロデューサーであることはすっかり失念していた。共著の春日太一はあの「天才 勝新太郎」の方ではないか。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
70年代の紙ふうせん
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top