これまた何週間か前のこと。GyaO!でガメラシリーズの第1作「大怪獣ガメラ」と平成シリーズ第一弾「「ガメラ 大怪獣空中決戦」が無料配信されていた。当然観る。

 平成シリーズの場合、「1」を観ると「2」が観たくなる。YouTubeにアップされている予告編やドキュメンタリーを視聴しているうちに我慢できなくなってきた。TSUTAYAでレンタルしようと久しぶりに訪れると、ない。DVDで昭和シリーズ、平成シリーズ、すべて揃っていたのに。あるのは「小さき勇者たち ガメラ」のみ。いや、平成シリーズはあることはあるのだが、3作ともブルーレイなのだ。うちはまだブルーレイプレイヤーはないんだよ。

 そんなわけで、4年前にネットで視聴した平成ガメラ3部作のレビューを。

          * * *

2008/01/09

 「ガメラ 大怪獣空中決戦」
 「ガメラ2 レギオン襲来」
 「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」(Yahoo!Japan 動画)


 Yahoo!Japanの動画ページで平成ガメラシリーズが無料配信されている。年末年始特集とのこと。年が明けてから、時間があれば観ていた。毎日1本づつ。第1作から順序よく。
『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年)『ガメラ2 レギオン襲来』(1996年)『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999年)の金子修介監督の平成ガメラ3部作と、田崎竜太監督の『小さき勇者たち ガメラ』(2006年)の4本。
 平成ゴジラは劇場で一度鑑賞すると、もうそれでおしまい。その程度の作品なのだ。しかし、金子監督の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』だけは何度もビデオで観直している。同様に金子監督がゴジラ映画のメガホンをとるきっかけになった平成ガメラ3部作は、それ以上に繰り返し観ている。その都度ビデオをレンタルしてくるので、DVDでセットが発売されたとき購入しようと思ったほどだ。結局買わなかったけど。
 なぜそれほどまでに惹きつけられるのか?
 特撮(特技監督・樋口真嗣)が斬新。あくまでも人間の視点に立った構図が興奮を誘う。ストーリーがきちんと考えられてドラマが構築されている。特撮と人間ドラマが遊離していないばかりか、もし実世界に巨大生物が出現したら社会はどうなるのかというシミュレーションを見せてくれる。怪獣映画がちゃんとSFしているのだ。何度観てもワクワクしてしまう。第2作『ガメラ2 レギオン襲来』なんて「日本SF大賞」を受賞したほどだ。特撮映画、怪獣映画に興味のない会社の同僚が褒めていたのがいい例だろう。
 この3部作が平成ゴジラシリーズより優れている点は、映像化にあたってそれぞれ違ったアプローチがなされていることだ。昭和の人気怪獣をリニューアルして、ゴジラと戦うことで日本の名所を破壊すれば、もうそれだけでファンは喜ぶなんて安易な考えで毎年ゴジラ映画を製作してきた東宝とは志が違うのである。
『ガメラ 大怪獣空中決戦』は東宝黄金時代の怪獣映画にオマージュを捧げたシミュレーション映画。実際ラストシーンで少年時代の感動を蘇られせてくれた。
『ガメラ2 レギオン襲来』は戦争映画。自衛隊が怪獣とどのように戦うか。その決戦は前日から翌日早朝までの時間経過とともに詳細に描かれた。
『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』は怪獣に仮託された少女たちの擬似恋愛映画。怪獣被災の問題を前面に押し出した映画でもある。台風、大雨の中の、あるいは京都駅舎内の二大怪獣の戦い。ヴィジュアルはいつも新しい。
 自分の中ではそういう括りになっている。
 もうひとつ、金子監督のスケベ心がヒロインの登場するカットのいたるところに垣間見られることも楽しみだった。こう書くと語弊があるか。新人女優を魅力的にさせ、映画の中で際立った存在にさせるのだ。中山忍(「大怪獣空中決戦」)、水野美紀(「レギオン襲来」)、藤谷文子、前田愛(「邪神〈イリス〉覚醒」)。皆凛々しくて美しい。
『邪神〈イリス〉覚醒』ではまだブレイク前の仲間由起恵がイリスに襲われ、ミイラ化して絶命するくだりがある。

 とにかく怪獣映画に興味ない人もだまされたと思って一度観てほしい。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ジュラシック・パークⅢ」
NEW Topics
告知ページ
 「グリーンマイル」 ~映画を観て原作をあたる
 「雨あがる」「ボイスレター」 「スペーストラベラーズ」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 ~ある日の夕景工房から
「シュリ」「海の上のピアニスト」「新選組」「ストーリー・オブ・ラブ」 ~ある日の夕景工房から
「天国と地獄」「どん底」 ~ある日の夕景工房から
「赤ひげ」「御法度」 ~ある日の夕景工房から
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #19 マスコミの悪意について
「双生児 ~GEMINI~」「秘密」「皆月」 ~ある日の夕景工房から
NHK「ファミリーヒストリー」は8月18日(金)に放送されます!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top