平成ゴジラシリーズには裏切られてばかりいた。
 平成ゴジラシリーズとは平成の時代になって制作された「ゴジラvsビオランテ」(1989年)から「ゴジラvsデストロイア」(1995年)までの計6作品を指すが、まだ昭和だった1984年に原点回帰を標榜して制作された「ゴジラ」を含めて総称される場合が多い。

 84年版の「ゴジラ」は、期待が大きかっただけに失望の度合いも激しかった。テーマ、ストーリーは第一作の精神を引き継いでいるにもかかわらず、演出が凡庸で巨大怪獣の恐怖はもちろんのこと、スリルやサスペンスを感じさせてくれないのだからどうしようもない。劇場で二度観ての感想である。

 監督はデビュー作のSF映画「さよならジュピター」でSF的、特撮的センスのなさを露呈させていたので、新作ゴジラを監督すると知ったときは不安でたまらなかった。その不安がまさに的中してしまったというわけだ。
 演出云々の前にシナリオの問題を指摘する人もいるだろう。しかし、映画を観る前にキネマ旬報に掲載されたシナリオを読んで、ゴジラに対する核攻撃をめぐる米ソ日の緊迫したやりとりにけっこうハラハラドキドキしたことは確かなのだ。にもかかわらず、映画で同じ感覚を味わうことはできなかった。
 だいたい冒頭のミイラ化した船員の死体や巨大フナムシの、いかにも作り物感まるだしの登場シーンで大きく膨らんでいた期待感が萎えてしまったのだから、やはり演出が拙かったのだと指摘しておきたい。

 ゲスト出演がやたら多かったことも気になった。特に浮浪者役の某の扱い。高層ビルに出没して料理を漁っているところでゴジラに遭遇する。ここで印象的な台詞を吐くまではいい。笑える。この後、直後ゴジラの一撃でビルの崩壊とともに絶命するというのがルーティーンだろう。ところが、なぜかもう一度登場して主人公たちに絡むのである。うんざりだった。
 ラスト、三原山の火口に落下していくゴジラを見て涙を流す首相にも、頭に「?」がいくつも浮かんだ。

 肝心の特撮も旧態依然としていて興奮させてくれなかった。ゴジラと実写の合成なんて酷い出来だった。クライマックスで突然自衛隊の架空の兵器(スーパーX)が登場したときには頭をかかえてしまった。デザインも名称も垢抜けないことおびただしい。
 ゴジラの造形もイマイチで、サイボットゴジラの導入も思ったほどの効果はなかったような気がする。スーツゴジラとサイボットゴジラの顔が明らかに違うのは興ざめだった。
 
 84年版「ゴジラ」が第一作「ゴジラ」の舞台を現代(1984年当時)に置き換えたリメイクではなく、続編の体裁をとっていることも大いなる疑問だ。これまで築き上げられてきた昭和のゴジラシリーズ、「ゴジラの逆襲」から「メカゴジラの逆襲」までの作品をなかったことにして、30年ぶりにゴジラが東京を襲うという構図。
 では第二作「ゴジラの逆襲」のリメイクかというとそうではなく、ゴジラの出自のみ第一作を引き継ぎ、あとはリメイクといっていい作りなのである。だからタイトルは第一作と同じ「ゴジラ」にしたに違いない。実にややこしい。

 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
今年公開されたハリウッド映画「GODZILLA」を全否定する人たちよ、そんなに日本のゴジラ映画は面白かったですか? その2
NEW Topics
告知ページ
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
「キッド」「顔」「五条霊戦記」「インビジブル」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top