2015/01/12

  「海月姫」(MOVIX川口)

 NHK朝のテレビ小説「あまちゃん」が終了後、能年玲奈が映画「ホットロード」に主演すると聞いてもまったく食指が動かなかった。
 今日本映画を侵食している、旬の若手俳優(男女)を起用した少女マンガ原作のラブストーリー。
 もう、ほんと、嫌になる。食わず(観ず)嫌いはいけないが、観たいと思わせてくれないんだから仕方ない。この傾向はしばらく続くのだろうか。TVドラマの安易な映画化とともに撲滅したいのだが。

 それはともかく。
 「ホットロード」にはまったく興味がわかなかったが、「海月姫」は映画化の話を聞いたときから絶対劇場に駆けつけようと思った。もちろん原作を知っているわけではない。おたくを主人公にしたコメディの方が今の能年玲奈にはピッタリだってこと。単に「あまちゃん」のイメージを求めているだけだって。

 映画はそれなりに面白かった。
 最初は笑いがなかなかはじけなかったが、途中からニヤニヤ、ムフフ、アハハとなったから良しとする。
 お話は他愛ない。予定調和で進行するし、展開はほとんどありえないと思えるものだ。クライマックス、ファッションショーの会場が主人公たちが暮らすアパートなのだが、どこにそんな広い空間があったんだぁ! と突っ込みたくなる。
 でも能年玲奈のおたくっぷりがかわいいし(なぜか中川翔子とダブってくる)、何より菅田将暉の女装姿に萌える。足がとんでもなく美しい。必見! この役者、「ごちそうさん」で知ったのだが(ヒロイン夫婦の長男役)、もともとは「仮面ライダーW」の主人公だったのか。

 エンディングになってSEKAI NO OWARIの主題歌が映画にフィットしているなあと思いながら、キャストクレジットを見ていて驚いた。おたく仲間に池脇千鶴と篠原ともえがいたのだ。
 仲間たちの中で見た目でわかるのはアジアン馬場園だけ。池脇千鶴はアフロヘアで顔が見えないのだからしょうがないが、篠原ともえのメーキャップと演技には騙された。もう一人は、太田莉菜。確か「脳男」で二階堂ふみとぶっとびコンビを組んだ人だ。松田龍平の奥さんなのか。知らなかった。
 菅田将暉の兄、30歳の童貞エリートを演じる長谷川博己は二枚目よりヘンな役の方が断然魅力的だ。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ベイマックス」
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top