「シン・シティ 復讐の女神」の試写会の入場待ちのため、有楽町ビックカメラビルの階段にできた列に並んでいるとき携帯が鳴った。水木ノアさんだった。
「Kさんのバンド、プライム楽団のライブが10日にパピーズであるんだけど、一緒に行きませんか?」
「行きます、行きまーす!」
 三連休だから、大丈夫だろうとすぐに返事をしたのだけど、後で考えたら、2日め、3日めだったらNGだった。
 
 Kさんとは紙ふうせんのFC東京交流会で知り合った。地元(千葉)のオヤジバンドで活動していることは教えてもらっていた。ライブに接したことはないのだけれど。
 ただ、どこをどう探しても手に入らない泉谷しげるのアルバムを借りたとき、会った場所が神田だったので、居酒屋で飲んだ後に、フォーク酒場に立ち寄ってKさんの弾き語りを聴いたことがある。

 昨年の6月、久しぶりに東京で交流会があった。その連絡の電話だったと思うが、Kさんのバンドが錦糸町のパピーズでライブをやっていることを知った。
 パピーズなら何度か行ったことがある、と僕が反応してつけ加えた。「水木ノアさんという歌手が出演するライブがあって」

 ノアさんはもともとGODDESSというロックバンドのヴォーカリストとして活動していた。そのときは四谷のライブハウス「アウトブレイク」をホームグラウンドにしていたが、解散してからは錦糸町パピーズのイベントライブに出演するようになった。
 このパピーズ、店内に60年代、70年代グッズがいっぱいで、興味ある人にはいろいろ楽しめるワンダーランドなのだ。
 それはともかく、Kさんの一言に驚愕した。
「ノアさん知っているよ」
 
 3月7日に紙ふうせんのコンサートがよみうり大手町ホールで開催される。この情報を知ったとき、ノアさんに観てもらいたいなと思った。できれば、翌日の「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会」も。Kさんのバンド、プライム楽団も出演するので。
 ただし、こちらの勝手な理由で約3年音信不通にしていたので、ノアさんと連絡とるのに苦労した。ノアさん、けっこう天然なのでいろいろドタバタがあったのだが、それもまた別の話。
 とにかく、12月、元「まぐま」同人のK氏(って、プライム楽団のKさんとは別の人)から新作の上映会があると連絡をもらって、3年ぶり(以上?)に池ノ上のシネマボカンへ行くと、ノアさんと再会した。映画に出演していたのだ。
 上映会後の懇親会で、Kさんのことを話すと、今度はノアさんが驚いた次第。
 

 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
プライム楽団Live! Kさんとノアさんと紙ふうせんと その2
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top