6日の夜は丸の内ピカデリーにて「マエストロ!」を鑑賞。
 適材適所のキャスティングで楽しめた。楽器の演奏に嘘っぽさが感じられなかったところが好感触。ただ、クライマックスの楽団の演奏に感動した人はエンディングロールにつきあわない方がいいかもしれない。あるクレジットにがっかりくる。流れるテーマ曲が良いけれど。

 7日の午後はFCのWさんと三軒茶屋のキャロットタワー26Fへ。レストランで眺望を楽しみながら昼食をとったあとは、キャロットスタジオに移動。
 少し離れた場所で椅子に座ってFM世田谷「あの頃青春グラフィティ」を聴いていると、目の前に後藤さんとTさんが現れて驚いた。しばし雑談の後ゲストコーナーが始まるというのでスタジオに入っていった。キャロットスタジオって楽屋がないんですね。

 本日(8日)は、午前中、地元シネコンにて「ANNIE/アニー」鑑賞。
 芝居(ミュージカル)はまったく知らないが、映画はかなりの面白さ。ルンルン気分で外に出ると雨が降っている。あわてて自転車を走らせ帰宅。濡れたダウンジャケットをタオルで拭きながら、軽く昼食(パンとコーヒー牛乳)。

 今度は傘をさしながら自転車をこいで、SKIPシティへ。4Fの映像ホールで「未来からの挑戦 復元上映会&少年ドラマ(シリーズ)同窓会トークショー」が開催されたのだが、これは画期的なイベントだった。トークショーなんてとんでもなく盛り上がって、興奮いまだ冷めやらず……。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「未来からの挑戦」復元上映会&少年ドラマシリーズ同窓会
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
6月は紫陽花の彩
「徳川三代 家康・秀忠・家光」「ビートルズを笑え!」 ~ある日の夕景工房から
「あの頃マンガは思春期だった」「ホンモノの文章力 自分を売り込む技術」 ~ある日の夕景工房から
最低最悪
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その4   
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2018 その2
紙ふうせんシークレットライブ 2018
「光源」「脳男」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top