クリアアサヒのCMに山口智充が登場した。ぐっさんといえば、つい最近まで、キリンビールののどごし生のキャラクターではなかったか。けっこう長い間担当していたので、今でものどごし生=ぐっさんのイメージがある。

 ある時期から契約が切れれば、タレントは簡単に競合他社のCMに出演するようになった。
 それまで某社の化粧品CMに出演していた女優が、別の化粧品メーカーのCMに登場したときにはびっくりした覚えがある。ずいぶん昔のことだ。

 80年代半ば、CM制作会社に勤めていた。企画の手伝いでイメージキャラクター候補を選出する際、上司(プロデューサー)からきつく言われたのは「競合他社のCMに出演したタレント(俳優)はNG」ということだった。一度でも関係をもったらダメだと。

 そんな業界タブーがなくなったということだろう。
 NTT(のCM)に出演していたSMAP(5人がガッチャマンに扮したCMは話題になった)が、ソフトバンクに登場したときもかなり衝撃があった。「そんなこと許されるのか?」
 タレント(俳優)からすると、単なる仕事の一環なので気にすることもないのかもしれない。昔は、企業の顔になるということで、タレント自身もかなり公私にわたって気を使ったということだが。

 企業側のCMタレントの起用法が大きく変化したに違いない。
 ネットで調べた際に知ったのだが、ぐっさんに今回のオファーがきたとき、最初は辞退したという。しかし、企業サイドの要望が強かったため了解したと。

 アサヒビールつながりでもう一つ。
 松下奈緒が出演するプライムリッチCMを初めて観たときは、金麦と勘違いした。キャラクターが檀れいから松下奈緒に変更になったのだと。それくらいよく似ていた。
 クリエーターにプライドはないのだろうか。これまたクライアントの強い要望か。

 あと一つ。
 すでに10本ほどのCMに起用されているタレントをずいぶんと遅くなってから起用する企業がある。
 視聴者からすると、そんな起用には意味がないように思えてしまう。それは当該タレントの新しいCMであって、こちらサイドには何の商品なのかわかっていないことが多いからだ。新しい企業(商品)のCMというより、これまでのCMの新バージョンというような印象しかない。
 とんでもない後出しでもタレントの人気に便乗したいのだろうか。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「集え! 富士山麓、歌え! 青春フォーク ~生きるチカラ・歌のチカラ~」第2弾(春編) #1
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
No title
CMは関心を持ってみてます。ドラマ化されたCMが増えてきたのも最近の特徴でしょうか? また堀北さんが出るCMはどれも合っていないので気になりますが。なるほどね~と思わせる作品CMが好きです。起用される俳優、女優に合ったCMはなかなかないですね。故高倉健さんのニンニクのCMは味が出てますよね。誰が歌っているかわかりませんが「翼を下さい」が流れるCMをみますがピンと来ない(確か2、3作品ある) 紙ふうせんのお二人が出るCMは・・と考えるときもありますよ。たくさん流れるCMの中でいい作品、感心する作品を発見すると楽しくなりますよね。CM作成する方は苦労するとおもいますが・・・・
ジンギスカン さん
返信遅れてすいません。
PCの調子が悪く、もう買い替えなくてはいけないのですが……

>堀北さんが出るCMはどれも合っていないので

レオパレスの方言をしゃべる彼女、好きなんですけど。

>「翼をください」

この曲が劇中で流れる「エヴァンゲリヲン 破」はご覧になっていますか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top