紙ふうせん40周年記念イベント、「赤い鳥・紙ふうせんアマチュアコピーバンド大会」のレポートのUPが遅れてしまった。
 実は出演者のステージの写真を添えて書こうと思っていたが、当日、その許可をとらないというポカを犯してしまったのだ。
 懇親会時に一言、ブログで紹介すること、写真を添付すること、名前を記載すること、を確認すべきだったのに、完全に忘却の彼方……深く反省しています。

          * * *

2015/03/08

 「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会 この指とまれ!」(恵比寿 天窓swich)

 「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会」が開催される! そんなニュースを耳にしたときこう思った。ファン度が濃いバンド(グループ・個人)が出場するのではないか、隠れた名曲を披露してくれるのではないか。

 たとえば、赤い鳥の代表曲「竹田の子守唄」を歌うのであれば、カップリングとして「Come And Go With Me」を用意しているとか。しっとりと「君の友だち」を歌った後には「エーメン・コーラス」でお客さんを巻き込んでシングアウトしてしまうとか。

 もう一つの代表曲、「翼をください」を歌うのであれば、山上・村井コンビの「忘れていた朝」「窓に明かりが灯るとき」「言葉にならない言葉」をはずしてほしくない。

 そのほかにも、女性ヴォーカルなら「雨」「ちっちゃな子守唄」「河」「きままな旅」、男性ヴォーカルなら「放浪者の子守唄」「二人」「旅」「誰が鳥を」「もう一度帰ろう」「君を探して」等々。

 紙ふうせんファンなら、初期のアルバムに思い入れが強いだろうから、「みんなで歌えるまえに」「忘れていたもの」「ほほづき」「古いオルガン」「バラはあこがれ」等々……
 知る人ぞ知る「僕らいつでも陽気でいたい」もはずせない。あるいは「わが町宝塚」「日曜日」なんていうのもある。

 そんなライブを予想していたのですが……

 すいません、私がマニアック過ぎました。

 「竹田の子守唄」「翼をください」「冬が来る前に」「いかつり唄」……
 そりゃ皆さん、赤い鳥、紙ふうせんの代表曲を歌いまさぁね。
 自分のステージで歌いこんでいるわけだから、それもオリジナルを歌うふたりが目の前にいるわけだから、自信曲を披露するのは当たり前。

 隠れた名曲を披露してくれるのではないか。
 これは僕個人の願望でした。
 赤い鳥のコンサートに行ったことがない(中学3年時、ファンになったとたん解散してしまった)。
 紙ふうせんのコンサートもデビューから17年間観ることができなかった(地元太田、隣町足利には来なかったと思う。大学進学で上京したときには関西へ帰ってしまった後だった)。
 そんなわけで、今では紙ふうせんのステージでは歌われない楽曲に対して人一倍思い入れが強くなっている。
 レコード(CD)でしか聴くことができない楽曲が、生で再現される、そう思って、期待してしまったのだった。

 今回、エントリーされたのは14組、これを4つ、A~Dグループに分けて、休憩を3回挟んでの進行となった。何か、区分の意味はあるのだろうか。よくわからない。その間、休憩に意味があるのだと思う。
 各人の持ち時間は15分で、2曲もしくは3曲披露。演奏が終ると司会のSさんによる質疑応答(トーク)という流れ
 グループごとに、後藤さん、平山さんの寸評がある。

■グループA

 ①Iさん 

   虹/誰に告げようか/竹田の子守唄

 FC代表としてIさんがトップバッター。バックにすぎたじゅんじさんを従えている。プロでもいいの? ギターの先生だからいいのかな。
 他の出演者の多くが学生時代からフォークソングを弾き歌っているのに比べ、Iさんは大人になってからギターを習った、言ってみれば〈遅れてきたギター野郎〉なのである。初披露は第一回の紙ふうせんのシークレットライブ。あのときは緊張のあまり酒をがぶ飲みして本番ではメロメロになってしまったのだった。何年前になるのだろうか? ほんと、上手になったね。


 ②たかちゃんとゆ~りん

  冬が来る前に/翼をください

 女性(ギター)と男性(ベース)のデュオ。ほかの出場者と比べると少し年齢が下かもしれない。別に確認したわけではないけれど。
 福島のフォークソング協会のメンバーだという。デュオでギターとベースというのは珍しい組み合わせだなと思ったが、「冬が来る前に」の場合はこの方がぴったりくる。やはり「冬が来る前に」はベースが肝なんだ。前奏の口笛が新鮮だ。緊張でうまく鳴っていなかったのが残念。


 ③ゴリラとおばさん

  竹田の子守唄/冬が来る前に

 群馬から参戦した夫婦デュオ。群馬フォーク村のメンバーである。
 奥さんは高倉健の遺作「あなたへ」に出てくる田中裕子似。高倉健はこの映画で実際より20歳ぐらい若い主人公を演じていた。すげぇなあ。って、関係なかった。
 旦那さんは松木安太郎似の歌うアスリート。
 ハーモニカが入る「竹田の子守唄」が良い。


 ④Eさん

  紙ふうせんメドレー(ヘイ!・まつり・紙風船・いかつり唄・竹田の子守唄)

 まだ紙ふうせんが東京で活動していた時期、学生だったEさんは事務所に出入りしていた。その後、紙ふうせんのマネージャーも担当している。赤い鳥のコンサートでは、双眼鏡で後藤さんの指使いばかり見ていたという。
 たくさんの曲を歌いたいので、メドレーということで。竹田の子守唄では後藤さんのパートで歌うというマニアックぶり。
こういうステージ大好きです。
 こんなマニアックぶりを発揮するなら、ほかの出場者が歌わないナンバーをやればよかったのに。


 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「マッサン」終了 ~こんなテレビ小説(企画)はいかが?
NEW Topics
告知ページ
 「グリーンマイル」 ~映画を観て原作をあたる
 「雨あがる」「ボイスレター」 「スペーストラベラーズ」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 ~ある日の夕景工房から
「シュリ」「海の上のピアニスト」「新選組」「ストーリー・オブ・ラブ」 ~ある日の夕景工房から
「天国と地獄」「どん底」 ~ある日の夕景工房から
「赤ひげ」「御法度」 ~ある日の夕景工房から
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #19 マスコミの悪意について
「双生児 ~GEMINI~」「秘密」「皆月」 ~ある日の夕景工房から
NHK「ファミリーヒストリー」は8月18日(金)に放送されます!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top