2015/03/08

 「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会 この指とまれ!」(恵比寿 天窓 swichi)

 #1より続く

 ■グループB

 ⑤Tさん

  ささぶね/竹田の子守唄

 Tさんも群馬からやってきた。JR北高崎駅にあるフォーク酒場「青春の詩」のマスター。ぐんまちゃんと乙女ちゃんのイラスト入りTシャツを着ていて群馬の宣伝もかかせない。乙女ちゃんとは富岡製糸工場のマスコットだという。
 お店の名前からさぞ吉田拓郎のファンなのだろうと思ったら、そうでもないらしい。それよりも村下孝蔵が得意でファンが多いらしい。
 「竹田の子守唄」は、赤い鳥が初期に歌っていた旧バージョン。

 ⑥ガーネット

  赤い花白い花/いかつり唄/まつり

 この夫婦デュオも群馬は前橋からやってきた。結婚して31年、ふたりで歌いだして15年。デュオを結成する前はお風呂に入りながらハモっていたとのこと。仲がいいんですねぇ! 地元でいろいろと活動しているというからもうセミプロだ。
 「赤い花白い花」のとき、作者の中林三恵(ミエ)が応援に会場に来ていることを伝えると、ちょっとしたざわめきが。
 「いかつり唄」「まつり」とも赤い鳥バージョン。

 ⑦チョコット

   赤い花白い花/竹田の子守唄

 メンバーは男性2人(ギター)と女性(ヴォーカル)+小学生の女の子(おもちゃのピアノ)。歌好きのおじさんおばさんが集った。
 結成は昨年の9月だという。
 リーダーのNさんはFCの一員で、小学生の女の子は愛娘だ。埼京線浮間駅近くにある中華料理店のオーナーでもある。
 Nさん、学生時代は赤い鳥の追っかけだった。紙ふうせんになってからは、池ノ上の家に出入りしていたとか。
 「竹田の子守唄」は娘さんが弾くおもちゃのピアノが新鮮だった。

 ⑧N&K

  竹田の子守唄/紙風船

 年配の男女デュオであるが、夫婦ではないという。よく夫婦だと間違われるのだそうだ。富山からはるばるやってきた。あと一週間あれば北陸新幹線で来られたのに。
 二人は合唱団の知り合いで、飲み会のとき、試しにハモってみたら見事に合った。それからデュオとして歌いだした。「冥土のみやげです」と笑う。
 「竹田の子守唄」は赤い鳥の初期バージョン。「紙風船」は後半(レコードでは児童合唱団と歌っている)も歌っていて得した気分。ネバーエンディングの歌唱で「もしかして終らないのでは?」と心配になった。

 ■グループC

 ⑨Yさん

  二人/竹田の子守唄  ~もう一度帰ろう

 埼玉県は草加市からやってきたYさん。草加といえば煎餅、で、Yさんが言うには「おみやげに煎餅をもってきました」。はい、懇親会時においしくいただきました。ごちそうさまでした!
 「二人」は大川さんの詞に山本(俊彦)さんが曲をつけた。生のステージを観たことはないけれど、山本さんと大川さんがギター弾きながら歌うのだろう(ヴォーカルは大川さん)。大川さんがベースではなくギターを弾くところが見もの、なのかな。
 ライブアルバム「ミリオン・ピープル」では、後藤さん以外では唯一の大川さんのMCでこの曲を紹介していた。

 「竹田の子守唄」はこれまで何人も歌っているので、恥ずかしさもあってか、課題曲の、と枕詞をつけて紹介した。これが大受け! 以後、皆さん、「竹田の子守唄」を歌うときは「課題曲」と言うことに。

 時間の関係で「もう一度帰ろう」をアドリブで歌った。こういうのがうれしいいんですよねぇ。

 ⑩Aさん+Mさん

  GOODTIME IN KOBE/誰に告げようか

 ステージ中央にギターを持ったAさんが座る。ちょっと太った鳥塚しげきといった風貌。ブランドもののギターが垂涎の的で客席から声があがった。僕にはわからないんだけど。
 下手のピアノには女性のMさん。
 この構図、いいですねぇ。紙ふうせんの原点でしょうか。
 「GOODTIME IN KOBE」は紙ふうせんがキングレコードに移籍して2枚目のアルバム「いつか2人で」に収録されている。平山さんのヴォーカルの歌ばかりのアルバムだったと思う。
 総評のとき、後藤さんがレコード用に作った歌(赤い鳥時代からシングル用の歌がある)だと言うと、あわてて平山さんがステージでも歌ったことがあるとフォローしました。
 「誰に告げようか」は、CBSソニー時代「冬が来る前に」以降の、ヒット狙いのシングルの中で一番好きな楽曲だ。アルバムのアレンジの方が良いかな。

 ⑪五夢ふうせん

  竹田の子守唄/まつり

 グループ名に大笑い(個人的に)。
 ステージには男二人のデュオだが、本当はヴォーカルの女性がいるはずだったという。入院してしまったので、仕方なく二人で登場したと。
 「竹田の子守唄」を披露したあと、オーバーオールのUさんが赤い鳥の想いを語る。「ミリオン・ピープル」が大のお気に入りでお父さんもファンだとか。

 実況録音盤「ミリオン・ピープル」は僕も大好きだ。冒頭の「祈り」(エーメンコーラス)こそ、レコード用の楽曲ではないか。それをステージで再現してしまうのだ。B面まるまる使って演奏される「もうっこ」の迫力。観客を主旋律とハーモニーに区分して「もう一度帰ろう」を合唱する……そりゃすごいライブアルバムだったのだから。
 そんなわけだから、Uさんの気持ちはよくわかる。熱い想いを言葉にして、その言葉がどんなに長くなっても聞いていたいと思う。が、持ち時間には制限がある。
「いつまでしゃべっているんだよ!」
 隣のメンバーが口をはさんで語りは終った。
 「まつり」は紙ふうせんバージョンだったような。

 ⑫Hさん

  冬が来る前に

 Hさんは、客席の後ろでエアピアノで演奏の練習していた。MCのSさんが言うには、時間的にもう1曲歌えるにもかかわらず、「冬が来る前に」だけでいいと。このためにピアノの練習をしてきたということだった。
 演奏が始まった。指が思い通りに動かない。何度かやり直したがやはりうまくいかない。もうピアノを弾くのを諦めて歌だけうたいだした。会場からは手拍子が。歌い終わったときにはある種の感動が生まれた。いや~どうなるかと思ったよ。

 懇親会時話す機会ができた。で、わかったのだが、Hさん、赤い鳥や紙ふうせんのファンではなかった。知っているのは「冬が来る前に」だけ。
「なんで、このライブにエントリーしたの」
「ピアノの練習をはじめたので」
 本人たちの前でピアノを弾きながら歌いたいと思ったのだそうだ。
 ……それはそれですごいなあ。

 ■グループD

 ⑬プライム楽団 

   翼をください/竹田の子守唄

 結局、バンドという形でエントリーしたのはプライム楽団だけだった。彼ら演奏を聴きながらやっぱりバンドは良いなぁと思った次第。
 アコースティックギター、ウクレレ、エレキギター、ベース、キーボード、ピアノ、チェロ、ドラムというメンバーでステージはギチギチ。

 プライム楽団の前に、Sさんがエントリーしていたのが、急遽取りやめになったとのこだ。このSさん、自身のブログで早い段階でこのライブへのエントリーを表明していた。歌もタイトルは直接書かず、でもわかる人(熱狂的なファン、マニア?)にはわかるように記していて、とても楽しみにしていたのだ。エレキギターというとこも興味深かった。
 
 さて、プライム楽団、バンドで女性二人がいるということで、「翼をください」「竹田の子守唄」のほかにも赤い鳥ナンバーを披露してもらいたいところ。
 が、平均年齢50代(だと思う)のメンバーだというのに、赤い鳥や紙ふうせん(の音楽)を知っているのは、ギター&パーカッションのKさんのみ。
 「翼をください」「竹田の子守唄」は、あくまでも昭和歌謡のレパートリーなのである。

 13組の演奏が終わって、紙ふうせん賞というようなものが発表された。
 受賞はゴリラとおばさんが歌った「竹田の子守唄」に対して。低い声の「ねんねんや~」がとても新鮮だったと平山さん。
「住所教えてください。今日は特に何も用意していないけれど、後で送付しますんで」
と後藤さん。

 大ラスの演者は紙ふうせんだった。前日のリサイタル、その後の打ち上げの疲れが残っているだろうに、ファンからすると実にありがたいことだけれど。

  竹田の子守唄/紙風船

 ステージ上で発生練習するふたりをい初めて見た。後藤さんが弾くギターはAさんから借り物。「紙風船」では久しぶりにピアノを弾く平山さんが見られた。


 ライブが終了すると、スタッフが大慌てで会場のレイアウトを変更する。あっというまにライブ会場は懇親会会場に様変わりした。
 後藤さん、平山さんの挨拶のあと、最年長のKさんの乾杯で懇親会が始まった。

 楽しい時は永遠には続かない。懇親会も終わる時が来た。
 締めの言葉は後藤さん。Yさんが持ってきた煎餅を話題にして、じゃあ皆さん一緒に歌いましょう。メロディは森昌子の「せんせい」で、せ~の! さん、はい。
「♪せんべい、せんべい、それはせんべ~い!!」

 最後は、全員で記念写真ではい、チーズ。
 お疲れさまでした。

 平山さんはコピーバンド大会第2弾の開催を望んでいる。今回の出場者を見て群馬大会なんてできるのではないだろうかと僕はひそかに期待しているんのですが。




 
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
とんでもない臨場感!  「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
NEW Topics
告知ページ
無題 ~「白いカラス」
1分間スピーチ #16 サマータイム導入問題
BC20世紀 賄い料理その2
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top