今朝の朝日新聞は愛川欽也とともに、小島功の訃報を伝えていた。
 虫プロアニメラマの第2弾「クレオパトラ」のクレオパトラのデザインを担当していた。
 午後、TOHOシネマズ シャンテで「博士と彼女のセオリー」鑑賞。この映画、時代の変遷を、ホーキング博士の奥さんで表現していた(詳しくは後で)。

 映画鑑賞中に川口中央図書館から電話が入っており、終ってから電話すると予約されていた本があると。
 川口駅で降りて「なぜ時代劇は滅びるのか」(春日太一/新潮新書)を取りに行く。
 その後いろいろ買い物して帰宅。ネットでは三條美紀の死を伝えていた。

 僕が十代、二十代だったときに活躍していた方たち、親の世代の方たちの訃報はこれからもどんどん聞こえてくるのだろう。
 自分の年齢を考えれば仕方ない。何度も書いているけれど。

 愛川欽也さん、小島功さん、三條美紀さんに
 合掌




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会 この指とまれ!」 #2
NEW Topics
「藤子・F・不二雄のまんが技法」「夢分析」「日本語練習帳」 ~ある日の夕景工房から
「活字のサーカス -面白本大追跡-」「司馬遼太郎と藤沢周平」「お洋服クロニクル」 ~ある日の夕景工房から
「居酒屋ゆうれい」 in 「第9回船堀映画祭」
1分間スピーチ #25 一休和尚の遺言
「ロードキラー」「トゥームレイダー」「赤い橋の下のぬるい水」「スパイキッズ」 ~ある日の夕景工房から
「柔らかな頬」 「ファイティング寿限無」 「もっとも危険なゲーム」 ~ある日の夕景工房から
「カルテット」「約束」「GO」 ~ある日の夕景工房から
飯島敏宏 テレビドラマ50年を語る ~「月曜日の男」から「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」まで~
没後47年命日に捧げる 三島由紀夫、心の歌を聴け ~「告白」の肉声と朗読~
「すぐそこの江戸 考証・江戸人の暮らしと知恵」「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」「知の編集術 発想・思考を生み出す技法」「へなへな日記」「新宿熱風どかどか団」 ~ある日の夕景工房より
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top