今朝の朝日新聞は愛川欽也とともに、小島功の訃報を伝えていた。
 虫プロアニメラマの第2弾「クレオパトラ」のクレオパトラのデザインを担当していた。
 午後、TOHOシネマズ シャンテで「博士と彼女のセオリー」鑑賞。この映画、時代の変遷を、ホーキング博士の奥さんで表現していた(詳しくは後で)。

 映画鑑賞中に川口中央図書館から電話が入っており、終ってから電話すると予約されていた本があると。
 川口駅で降りて「なぜ時代劇は滅びるのか」(春日太一/新潮新書)を取りに行く。
 その後いろいろ買い物して帰宅。ネットでは三條美紀の死を伝えていた。

 僕が十代、二十代だったときに活躍していた方たち、親の世代の方たちの訃報はこれからもどんどん聞こえてくるのだろう。
 自分の年齢を考えれば仕方ない。何度も書いているけれど。

 愛川欽也さん、小島功さん、三條美紀さんに
 合掌




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「赤い鳥・紙ふうせん アマチュアコピーバンド大会 この指とまれ!」 #2
NEW Topics
告知ページ
「新感染 ファイナル・エクスプレス」
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top