1日は映画のあと、Sさんと二人阿佐ヶ谷へ向かった。実は30代のとき一緒に働いていたNさんが飲み屋をオープンしたと連絡を受けていて足を運んだのだ。
 お店は駅前の商店街のドンツキにある建物の2階にあった。カウンターが10席程度のいわゆるスナックという作り。途中でSさんが帰ってしまったこともあり、結局朝までコースになってしまった。まあ、積もる話があるっていうことで。

 この年齢で徹夜するとどうなるかというと、2日はまったく使い物にならなかった。
 昨年から談四楼師匠が新宿で始めたリアル深夜寄席(終電終了後に落語会が始まり、その後懇親会、始発で帰る)があるが、朝帰りした日がどうなるかわかっているので、行くのを躊躇していたのだが、思ったとおり。

 談四楼師匠がゲスト出演する落語会が埼玉である。7月の「彩の国さいたま寄席 四季彩亭 ~彩の国落語大賞受賞者の会 立川談笑」がそれで、GW前にネットで知った。予約は電話でできてチケットは会場でも受け取れるという。会場は彩の国さいたま芸術劇場。
 埼京線与野本町駅近くにあるのだが、埼玉会館でもチケット受取りは可能だという。浦和駅から徒歩数分だからこちらの方が行きやすい。

 3日、12時ちょっと前にチケットを購入した。埼玉会館は何度か来たことがある。娘が小学生のとき、図工作品が県の優秀賞か何かを受賞して展示されたことがあり、見にきたことを思い出した。

 せっかく浦和に来たのだから、もう少し足を伸ばしMOVIXさいたまで「シンデレラ(字幕版)」を観よう。持参したiPadで上映時間を調べると12時30分から。今からだと間に合うかどうかギリギリのところ。
 ホームで大宮行きの電車を待っている間、今度はMOVIX川口のスケジュールを調べた。「ワイルドスピード SKY MISSION」が13時から。こちらもギリギリ。

 さあ、どちらにするか。遅れていた大宮行きの電車が来たので飛び乗った。さいたま新都心駅に到着。もう一度ネットでMOVIXさいたまの上映スケジュールを調べた。何たることか、12時30分「シンデレラ(字幕版)」のチケット完売。だったら、最初から川口の方へ行けばよかった、なんて思っても後のまつり。
 映画は諦めた。

 夕方町屋へ。駅前のムーブ町屋で寸志さんの落語会「桂宮路vs立川寸志 熱闘!他流試合二人会」があった。
 開口一番(前座)の三遊亭けん玉さんは円楽一門、宮路さんは芸術協会、寸志さんは立川流。3派が集った落語会は大爆笑の2時間半! いや、ほんと。

 5日は地元シネコンで「ワイルドスピード SKY MISSITION」鑑賞。ミシェル・ロドリゲスのドレス姿にムフフのフ。

 本日(6日)も「セッション」か「シンデレラ(字幕版)」、どちらかを観ようと新宿もしくは有楽町に向かったのだが、途中で昼間のチケットが売り切れとわかり、途中で帰ってきた。

 というわけで、GWの映画三昧計画は最後で腰砕けとあいなりました。
 お粗末!




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ネオ・ウルトラQ」について考える
NEW Topics
告知ページ
1分間スピーチ #16 サマータイム導入問題
BC20世紀 賄い料理その2
「花戦さ」&「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」
「美しい星」
1分間スピーチ #15 倉木麻衣と宇多田ヒカル
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その4
ちょっとひとやすみ その4
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その3
紙ふうせんシークレットライブ 2017 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町のブックカフェ二十世紀で働いています。さまざまなイベントを企画、開催していますので、興味あれば一度覗いてみてください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top