2015/07/12

 「ターミネーター:新起動/ジェネシス」(MOVIX川口)

 「ターミネーター4」はあまり評判がよくなかったのだろうか。批評とともに興行成績も気になるところだ。あちら側のお話は受け入れられなかったのかも。

 「ターミネーター4」の感想でこう書いた。
     ▽
「ターミネーター」シリーズはというと、新作「ターミネーター4」でついにあちら側の物語になってしまった。これまで未来からタイムトラベルしてきたターミネーターを相手に現代を舞台にしたジョン・コナー(その関係者)の物語が、未来におけるジョン・コナーの話になったというわけ。これまた方向転換した。新「ターミネーター」シリーズの第1作という印象だ。
     △

 本当のところ「ターミネーター」は「1」「2」で完結しているのだ。にもかかわらず、駄作「ターミネーター3」で無理やりシリーズを再開した。「3」で「2」のラストを完全否定し、スカイネットと人間の戦争を勃発させたのだ。

 当然「4」が作られる。驚いたことに、映画世界をあちら側(近未来)に設定したのである。ジョン・コナーとその妻及びカイル・リース、そこに過去(観客側の現代)から紛れ込んできた男(逆ターミネーター?)が主要人物として活躍する。
 タイムトラベルの話はそう何回も続けられるものではない作劇上の問題があるために、ストーリーの転換をはかった。シュワちゃんがカリフォルニア州知事になってしまい、レギュラー出演が不可能になったための処置というのが本当なのかも。

 映画の出来は悪くなかった。だからこう結論づけた。
     ▽
 新シリーズに何も期待していなかったのだが、こうなれば、ジョン・コナーとカイル・リースの物語がどう完結するのか。まあ、結果はわかっているのだが、もうしばらくつきあってみるとしよう。
     △

 当然、、新シリーズ第2弾「ターミネーター5」は、あちら側のジョン・コナーとカイル・リースの物語、「4」の続編になるはずだった。ところが、「4」の評判が良くなかった。そこへシュワちゃん復帰のニュース。「5」のストーリーは再検討され、こちら側の話にシフトされた。シリーズの骨格はシュワちゃん扮するT-800が未来から現代へタイムトラベルして、サラ・コナーを守るというもの。

 だったら、もう過去のシリーズを無視して、新たに「1」から作り直せばいい。T-800役が別の役者ならリメイクになるのだろうが、シュワちゃんだとそうはいかない。
 だから、リブートになった。「1」「2」をなぞりながら、新たなサラ・コナーの物語を紡いだのが本作なのである。

  「3」や「4」と本作が違うのは、ジェームス・キャメロンがお墨付きを与えている点である。まあ、「1」&「2」のリブート作品では何かしらコメントしなければならないだろう。いくら謝礼が支払われているのか知らないけれど。
 
 この映画用に設定されたT-800とサラ・コナーの関係が面白い。育ての親と子という関係だ。T-800が歳とったシュワちゃんを考慮したキャラクターになっている。
 サラ・コナー役のエミリア・クラークが良い。ミシェル・ロドリゲスを華奢にしてかわいらしくさせた感じ。
 しかし、ジョン・コナーとカイル・リースのキャスティングには不満がある。

 ジョン・コナーに扮しているのはジェイソン・クラーク。ワイルド系のイケメンのイメージにはほど遠い。見た顔だなと思ったら、「猿の惑星:新世紀」の主役だった。「猿の惑星:新世紀」ではいい味だしていたが。いや本作では演技がどうのというより見た目を言っている。「4」ではクリスチャン・ベールなのだから。真田広之が演じたキャラクターを吉田鋼太郎が引き継いだといったところか。
 まあ、役柄を考慮をすれば仕方ないのかもしれない。
 どうしても許せないのはカイル・リースだ。「1」&「2」のリブート作品なら、どうしたって、「1」のマイケル・ビーンを彷彿とさせる役者に演じてもらいたいと願うのがファンというものではないか。ジョイ・コートニーは全然イメージではない!

 劇中、サラ・コナーとカイル・リースがタイムマシンを使って未来(審判の日がある年)に飛ぶシーンがある。一瞬デジャブ。数秒後TVシリーズ「サラ・コナー クロニクル」に同じようなシーンがあったことを思い出した。
 その前にT-800 が敵と戦って腕を負傷、外側の人工皮膚が損傷して中の金属が見える状態になったことで、一緒にタイムマシンに乗って未来へ行けなくなってしまう。タイムマシンは人工物は一切受け付けない。だから人間は全裸で搭乗しなければならない。T-800も全身金属でできているが人工皮膚で被われているので、全裸ならタイムマシンに乗れるのである。

 で、思った。「2」のT-1000(本作ではイ・ビョンホンが演じている)はどうやって現代へやってきたのだろうか。T-1000は液体金属でどんなものにも変身できる。全裸になったからといって金属であることに変わりはない。それは、新敵T-3000にも言える。
 それから、ラストでT-800は、T-1000の能力を手に入れたと考えていいのか?


 【追記】

 ウィキペディアに「4」や「新起動/ジェネシス」の製作裏話が載っていた。本来なら「4」があちら側の第1作となって新3部作になる予定だったのだが、制作会社が倒産して中止になったという。やはり映画はヒットしなかったのか。
 「新起動/ジェネシス」では、シュワちゃんの意見でジェームス・キャメロンの協力を仰ぐことになったとか。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
【おまけ】 ~「ターミネーター3」
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top