本日、ってもう昨日になってしまったが(13日)、レベッカのコンサートに行ってきた。まぐま主宰のKさんに招待されたのだ。会場は横浜アリーナ。ああ、近くには行ったことがあるなと思っていたら、それは横浜スタジアムだった。よかった、行く前にきちんと調べて。
 生の「フレンズ」に大感激。

          * * *

2015/07/18

 「テヅカ イズ デッド ~ひらかれたマンガ表現論へ」(伊藤剛/NTT出版)

 書名からの印象でずっと敬遠していたのだが、今回、手塚治虫関連書として読んでみた。
 こういう内容だったのか!


2015/07/19

 「手塚治虫の芸術」(ヘレン・マッカーシー/小巻靖子・有枝春 訳/ゆまに書房)

 著者のヘレン・マッカーシーは欧米を代表する日本文化の研究家で、多数の著作がある、雑誌『Anime UK(アニメUK)』を創刊し、バービカン・センターで手塚のアニメ作品の上映会を催している、「英語圏の人たちに日本のマンガやアニメのすばらしさをほぼ独力で伝えた」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)人とのこと。
 手塚治虫の業績をとてもわかりやすく時系列に紹介している。写真や図版を眺めているだけでも楽しい。
 

2015/07/20

 「手塚治虫が生きていたら電子コミックをどう描いていただろう 大塚教授の漫画講座」(大塚英志/徳間書店)

 本人が自分のことを〈サヨク〉と書いているが、〈15年戦争〉という表現を当たり前のようにしていて不思議に思った。僕が無知だったのだろうが、この名称を初めて知った。満州事変から太平洋戦争まで約15年続いた戦争を総称していう。鶴見俊輔が使用したのが最初だとか。
 

2015/07/25

 「別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.1」(洋泉社MOOK)

 洋泉社版「宇宙船」とでもいうべきか。発売日に増刷がかかったらしい。
 以下の目次(の一部)を見れば、ファン、マニアなら手元に置きたくなるだろう。

 初代ウルトラマン未公開写真発ウルトラセブン研究 完結編
 ひし美ゆり子×古谷敏×豊浦美子
 ここまでわかった! ウルトラセブンの新事実77!
 どうなるゴジラ2016
 追悼・川北紘一
 遠矢孝信 怪獣・怪人写真館

 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
2015年7月の読書 ~備忘録として #3
NEW Topics
告知ページ
「溺れる魚」「ミート・ザ・ペアレンツ」「ハード・デイズ・ナイト」 「天使がくれた時間」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #22 ソニー・プレステ2の宣伝効果
「クリムゾン・リバー」「愛のコリーダ 2000」「ビッグママスハウス」 ~ある日の夕景工房から
世紀末~新世紀「2001年宇宙の旅」まつり
「ハンニバル」 ~小説を読み、映画化作品をあたる
「ホワット・ライズ・ビニーズ」 「ペイ・フォワード [可能の王国]」 ~ある日の夕景工房から
「カオス」 ~映画を観て、原作をあたる
「砂の女」「源氏物語 あさきゆめみし」 「スペース カウボーイ」 ~ある日の夕景工房から
「キッド」「顔」「五条霊戦記」「インビジブル」 ~ある日の夕景工房から
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top