2015/08/15

 「立川談四楼独演会 第201回」(北澤八幡神社 参集殿)

 早めに下北沢に着いてしまった。いつもなら駅前のマクドナルドで時間をつぶすのだが、コンビニでお茶を買って会場で読書という手もいいだろうとそのまま神社へ。

 入口前に10人弱の列ができていた。列に並ぶのもなんなので、参集殿の入口に何枚かの写真が飾ってあって、近よって見てみた。
 柄本祐と安藤サクラの結婚写真。柄本家(柄本明・角替和枝)と奥田家(奥田瑛二・安藤和津)の集合写真である。北澤八幡で結婚したことは、前回、廊下に飾ってあった写真で知った。けっこうミーハーな神社なんだな。
 もう1枚は、芥川賞作家、又吉直樹の参拝の写真。と思ったら、ピースの二人と西岡徳馬のスリーショットもあった。何かの番組の取材だろうか。

 開場となって、窓際の前から3/4のところに座った。

  立川仮面女子 「つる」
  立川だん子  「たらちね」
  立川寸志   「幇間(たいこ)腹」
  立川談四楼  「もう半分」

   〈仲入り〉

  綾乃テン   人形遣い
  立川談四楼  「一回こっくり」

 立川仮面女子とは何ぞや?
 真打となったこしら師匠の一番弟子である。今年の国立演芸場の立川流落語会。談四楼師匠がトリの回の打ち上げのお店で、確か師匠やおかみさんに挨拶にきていたような。芸名の由来をマクラで説明していて大受けだったが、すでに師匠のツイッターで知っていた。
 こしら師匠がヤオフクにネーミングライツを売り出して、秋葉原の地下アイドルグループ、仮面女子が25万1千円で落札した。落札金はどうするのかとこしら師匠に訊いたところ、全部自分のものだと言われたので、千円だけくださいとお願いしたら、「いいだろう」とのこと。
「まだもらっていませんが」
 で、仮面女子さんの第一印象……もみあげが長すぎる! 

 だん子さん、ほんと、どんどん上達している。独特の声、リズムだけど。
 
 寸志さん、あれっ 二つ目になったら独演会卒業ではないのか? 前回は二つ目お披露目だった。今回は? いや、出演と知って、うれしくてたまらなかったんですけどね。

 「もう半分」。
 すでに書いているが、苦手な演目だ。かみさんのキャラクターがとんでもなくて好きになれない。老人の飲みっぷりと、ラストのグロさを頭の中で映像にすることを楽しみにしている。今回をそれに加えて、老人に笹野高史をダブらせていた。

 ゲストは人形遣いの綾乃テンさん。前々回だったか、お客さんとして来ていて、カメラマンのスズキマサミさんに紹介されて少ししゃべった。そのパフォーマンスは、師匠がプログラムに書いている〈妖艶〉そのもの。惜しむらくは、ライブ時に会場の灯りを消して、舞台のみ照明が当たっていたなら、妖艶さはより増していたのではないか。九尾の狐を題材にしていて、とてもわかりやすかった。選曲も素晴らしい。僕の琴線に触れたというべきか。

 「一回こっくり」。
 「ぼんぼん唄」とともに夏の定番ですね。人情噺で泣くことはない(ウルウルすることはあるが)と言っていたが、今回は涙がひとすじ流れた。
 最近、涙腺が完全に脆くなったことがある。もうひとつの理由として、昼間に「日本のいちばん長い日」を観たことが挙げられる。阿南陸相が戦死した息子を想う姿を思い出したのだ。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」&「ゴジラ FINAL WAR」
NEW Topics
告知ページ
 「グリーンマイル」 ~映画を観て原作をあたる
 「雨あがる」「ボイスレター」 「スペーストラベラーズ」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」 ~ある日の夕景工房から
「シュリ」「海の上のピアニスト」「新選組」「ストーリー・オブ・ラブ」 ~ある日の夕景工房から
「天国と地獄」「どん底」 ~ある日の夕景工房から
「赤ひげ」「御法度」 ~ある日の夕景工房から
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「リトル・ヴォイス」「黒い家」 ~ある日の夕景工房から
1分間スピーチ #19 マスコミの悪意について
「双生児 ~GEMINI~」「秘密」「皆月」 ~ある日の夕景工房から
NHK「ファミリーヒストリー」は8月18日(金)に放送されます!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top