2015/09/05

 「紙ふうせんシークレットライブ 2015」(雲州堂)

 紙ふうせんがFC向けにシークレットライブを始めてから毎年参加していたが、2012年に休んでしまった。翌年も休むつもりだったが、東京会員のHさんから参加したいので一緒に行きませんかと誘われた。

 シークレットライブには最初に会員のパフォーマンス披露がある。これまではかつてのギター小僧たちの赤い鳥や紙ふうせんの楽曲の演奏、歌唱の場だった。Hさんはそこで詩の朗読をやりたいという。でも会場まで一人で行けないので、一緒に、というわけだ。Hさんにはこれで朗読会等でお世話になっている。むげには断れない。予定を変えて参加した。

 昨年は、開催日がマンションの理事会と重なって行けなかった。一昨年、昨年(今年の5月まで)理事長だったので休むわけにはいかなくて。
 昨年の会場は、武庫之荘の文化会館(あの赤い屋根の家!)だったので、行けないのが大変残念だった。

 ところで、昨年のシークレットライブの前日が日本テレビ「THE MUSIC DAY 音楽のちから」の放送だった。紙ふうせんが出演するということで、Tさんから招待券をもらった。
 生放送の現場に触れて後悔ばかりだった。ほとんどがカラオケ なのである。歌手が歌うたびに立たせられる。これが第一部終了するまで続く。疲れた。ほとんどがカラオケだから生で歌を聴いているのにそれほどいいとも思えない。

 昔、やはり紙ふうせんが出演するというので、NHKの歌番組をNHKホールに観に行ったことがある。ほとんどが演歌だったが、オーケストラをバックにした歌は迫力があって、演歌に対するイメージを変わったほどだ。
 第一部のラストは徳永英明の「翼をください」。本家の片割れが出演しているのにMCおのことにはまったく触れない。帰ってから番組を観たが、TVで観た方が音が良かった。

 シークレットライブの話だった。
 今年のライブは雲州堂というライブスペースで開催される。蔵を改造したダイニング&イベント空間だとFC月報で紹介されていたのだが、なぜ、雲州堂なのかと素朴な疑問があった。紙ふうせんとの接点がわからなかったのだ。
しばらくして合点がいった。
 平山泰代さんは毎週金曜日に地元のTV局サンテレビの「2時コレ! しっとぉ!?」という情報番組の司会を落語家の笑福亭銀瓶さんと一緒に担当している。その縁だろうか、今年1月に銀瓶さんのイベント「銀瓶のピロトーク」にゲスト出演した。会場が雲州堂だったのだ。

 この項続く




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ショーケン、復活!?
NEW Topics
告知ページ 「まぐまPB9 アニメの声と音と音楽と」
「クリムゾンの迷宮」「家族狩り」 ~ある日の夕景工房から
水曜日は慌ただしい その2 「生賴範義展」
「デヴィット・リンチ:アートライフ」
水曜日は慌ただしい 「あなたと私の合言葉 さようなら今日は」&「氷点」
「放送禁止歌」「メディア決闘録(ファイル)」「命」『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論』 ~ある日の夕景工房から
「性同一性障害 -性転換の朝」「消えた劇場アートシアター新宿文化」「日本は頭から腐る 佐高信の政経外科Ⅱ」 ~ある日の夕景工房から
「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」『「分かりやすい表現」の技術』 ~ある日の夕景工房から
2017年12月&2018年1月 映画観て歩き
「ゴッホ 最後の手紙」&「レディ・ガイ」 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top