本日、明日と「ALFA MUSIC LIVE」が開催される。
 やっぱり生で観たいよなぁ。無理だけど。

          * * *

 一昨日(25日)は19時から二井康雄さんの「編集よもやま話・暮らしの手帖で学んだ40年」があった。6月から始まったこのトークショーは8月が休みだったので今回が3回め。ゲストがカタログハウス「通販生活」元編集長いうことで楽しみにしていたのだが、急遽用事ができて参加できなくなった。

 昔からお世話になっている方が、今秋上京すると聞いたのが9月の初旬だった。東京滞在が4日だか5日になる。奥さんが合流する土曜日まで暇なんだよね、と嘆いていたので、「だったら声をかけてください、馳せ参じますから」と答えた。日にちは約束しなかったのだが、後で25日が二井さんのイベントだと気づいた。トークショーは毎月開催されるが、その方が上京されるのは次いつになるかわからない。

 電話は当日あった。19時30分に渋谷で会うことになったので、18時に会社を出ると神保町の仕事を終えてからブックカフェ20世紀に向かった。
 主催者のSさんに理由を話して、参加できなったことを告げた。二井さんにも伝えると「ゲストの紹介までは聞いてってよ」。
 19時ちょうどに始まって赤ワインを飲みながら19時10分まで。実をいうと、今回、質問をひとつ用意していた。
 「通販生活」という雑誌を編集するうえで一番の目的は何かというもの。つまり、紹介した商品が売れることなのか、雑誌記事の充実なのか。雑誌がどんなに面白くても紹介商品が売れなければ意味がないし。

 19時45分過ぎ、渋谷の某ホテルロビーでお会いした。すぐ近くの焼肉店で食事。その後、バーでおしゃべり。夜中の3時半まで。
 某所で仮眠して、翌日は11時からパスタ店でブランチ、ジャンジャン後にできた喫茶店でコーヒータイムと話をして14時、紀伊国屋書店前で別れた。

 そのまま、上石神井に向かう。15時からシネりんのKさんが企画した私的イベントに参加、世界初のトーキー映画を鑑賞する。鑑賞後はお茶を飲みながらKさんの映画講義参加者によるざっくばらな討議(?)会。「You ain't heard nothin' yet!」を「お楽しみはこれからだ!」と意訳した翻訳者ってすごいよねってな話に。
 その後YouTubeまつりとなって大盛り上がりとなった。
 近くの餃子屋で打ち上げ。

 帰宅したのは21時だった。
 いろいろやることはあったのだが、疲れて寝てしまった次第でして……。




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
音楽(の神様)を信じる ~「ひろしま」「天空の蜂」「進撃の巨人 後編」「野火」
NEW Topics
「千里眼」「忠臣蔵コレクション4 列伝篇 上下」「のり平のパーッといきましょう」 ~ある日の夕景工房から
58
「朝霧」「墓地を見おろす家」「催眠」「蟲」「ファミリー」 ~ある日の夕景工房から
「論戦」『黒澤明 「一生一作」全三十作品』「鯛は頭から腐る」「読むJ-POP 1945-1999 私的全史」 ~ある日の夕景工房から
「死国」「黒い家」「天使の囀り」「バースディ」 ~ある日の夕景工房から
「世紀末、どくぜつテレビ」「江戸はネットワーク」「清張ミステリと昭和三十年代」 ~ある日の夕景工房から
「ジャーナリストの作法」「たかがテレビ されどテレビ」「藝人という生き方、そして死に方」 ~ある日の夕景工房から
「恋」「秘密」「ラザマタズの悲劇」 ~ある日の夕景工房から
「兄弟」「芸人失格」 ~ある日の夕景工房から
「少年H 上下」「ジュラシック・パーク」「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」 ~ある日の夕景工房から
Comment
No title
9月26日は孫の運動会があってFM大阪を聞く事が出来ませんでしたが、内容を確認しようとHPを見たところ、26日分で番組が終了したようです・・ショック
ジンギスカン さん
毎週、月曜日に番組のHP(ブログ)を読むのを楽しみにしていました。本日、覗いたら、終了の告知。ちょっとショックですね。ずっと続いてほしかったのに。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kei

Author:kei
新井啓介
ライターの・ようなもの
まぐまPB「夕景工房 小説と映画のあいだに」(studio zero/蒼天社)
「僕たちの赤い鳥ものがたり 1978-79」(文芸社)
神保町で働いています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top